ASPとは

ASPとはアプリケーションサービスプロバイダのことです。

英語で書くとApplication Service Provider

この頭文字を取ってASPと呼ばれています。



ASPとはインターネットでサービスを提供する会社の事なのです。

先ほどのアフィリエイトとはでも書きましたが、

まだの方はこちらを先に読んでみて下さいね。

アフィリエイトとは



ASPには広告主とアフィリエイター(紹介者)を結び付ける役割があるのです。

もし、ASPがない場合は、広告主とアフィリエイター(紹介者)が、

直接取引しなければなりません。



その場合、広告主は何万というアフィリエイター(紹介者)と個別に交渉し、

契約しなければいけません。

アフィリエイター(紹介者)の場合も同じです。

これでは手続きが煩雑になり実用的ではありません。



お互いにお金が絡むことですので、金銭的なトラブルが起こるかもしれません。

こういう手続きの簡略化と金銭的なトラブルを防ぐ目的でも、

ASPは重要な役割を担っているのです。



ASPは広告主と契約するときに審査を行います。

アフィリエイター(紹介者)との契約でも審査がありますので、

トラブルを未然に防ぐこともできます。



ASPと販売者、アフィリエイター(紹介者)3者が一体となって、

購入者に商品を紹介することになります。



ASPで有名なところは物販ではA8ドットネット、アマゾン、

アフィリエイトB、楽天、情報商材ではインフォトップなどがあります。

この情報商材のASPには2ティアという制度があります。



次はその2ティアについて説明します。

2ティアとは


このページの先頭へ