初心者にも使いやすいツールランキング
1位 第一位はバナープラスです。 なんといっても使いやすい。難しい操作は一切なし。 あらかじめ用意されたパーツを組み合わせるだけなので、 初心者の方でも簡単にそして綺麗にバナーやヘッダー画像が作れます。 これを持っておくとオリジナルのものが作れるのでサイト作成の幅が広がりますよ。 ちなみにこのサイトのバナーは全てバナープラスで作っています。
2位 第二位はシリウスです。 シリウスには初心者の方でも簡単に使えるように初心者モードというものがあります。 それにHTMLやCSSの知識がなくても誰にでも簡単に綺麗なHTMLサイトが作れます。 SIRIUS上位版を購入すればスマホサイトも自動で作ってくれます。 手軽さ使い勝手を考えるとバランスの良いツールだと言えます。
3位 第三位は賢威です。 賢威はSEOマニュアルが付いていたり、上位表示されやすいというメリットがあります。 でも、初心者の方が簡単に使えるのかというと、そうではありません。 賢威を使うためには、やはり最低限のHTMLやCSSの知識が必要となります。 今回のランキングは初心者の方にも使いやすいのかというテーマなので、 どうしてもこの順位になってしまいます。でも、賢威は良いツールですよ。

アクセス解析でnot providedが増えた理由



サイトのアクセスを解析していると、

ある異変に気がつきました。

その異変とは今月のある日を境にnot providedが増えたことです。




このnot providedとは検索エンジンが、

アクセス解析側にデーターを渡さない時に表示されます。

要は検索ユーザーのプライバシを守るために、

SSLセキュリティーが導入されたということです。


googleは以前から導入していましたので、

今回not providedが増えた理由は、

Yahooも導入したということです。


私がこれに気がついたのは、

趣味で運営しているシーサーブログのアクセス解析を見てからです。


これは私の趣味のブログのアクセス解析の画面です。


これだけアクセスがあるのに、

検索エンジンをみてみるとこうなっています。

アクセスに対して検索エンジンががくっと少なくなっているのです。

これを見て何か気がつきませんか?

そう、Yahooがないのです。


先月のアクセス解析の画面を見てみると、

この通りYahooが表示されています。

今回のnot provideが一気に増えた原因は、

YahooもSSLのセキュリティーを導入したからです。


これでは無料のアクセス解析では、

自分のサイトに流入してくるキーワードが、

分からないという事になります。


これであれば凄く不便ですよね。

それに記事を追加するときにも不便になります。

今までは自分のサイトへの流入しているキーワードが分かっていたので、

それで記事を書いたり出来ていたのですが、

今度から出来ないという事になります。

そうであれば、キーワードの選定や広告を出す時にも困ります。


アクセス解析はサイトを分析して、

反映するのに欠かせなかったのに、

これでは困ってしまいますね。


私が今回確認したのはグーグルのアナリティクスです。

このようにnot providedが増えています。


グーグルアナリティクスでは、

今後自分のサイトに流入するキーワードは、

分からないという事になります。

これはサイトを運営して行く上で厳しくなりますよね。


もう、無料のアクセス解析ではキーワードは分からないのでしょうか?

いいえ、そんな事はありません。

ある無料のサービスを使うと、

自分のサイトへの流入キーワードを知る事ができます。

その無料のサービスとは・・・。


あのサービスです。

あのサービスの事を書こうと思いましたが、

今日はちょっと長くなったので次回書きますね。


ブログランキングに参加しています。

このブログの気になるランキングは下のバナーをクリックすると確認できますよ。

結構いいところにいます。

宜しければ応援お願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村

コメントを残す

CAPTCHA


にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村

このページの先頭へ