初心者にも使いやすいツールランキング
1位 第一位はバナープラスです。 なんといっても使いやすい。難しい操作は一切なし。 あらかじめ用意されたパーツを組み合わせるだけなので、 初心者の方でも簡単にそして綺麗にバナーやヘッダー画像が作れます。 これを持っておくとオリジナルのものが作れるのでサイト作成の幅が広がりますよ。 ちなみにこのサイトのバナーは全てバナープラスで作っています。
2位 第二位はシリウスです。 シリウスには初心者の方でも簡単に使えるように初心者モードというものがあります。 それにHTMLやCSSの知識がなくても誰にでも簡単に綺麗なHTMLサイトが作れます。 SIRIUS上位版を購入すればスマホサイトも自動で作ってくれます。 手軽さ使い勝手を考えるとバランスの良いツールだと言えます。
3位 第三位は賢威です。 賢威はSEOマニュアルが付いていたり、上位表示されやすいというメリットがあります。 でも、初心者の方が簡単に使えるのかというと、そうではありません。 賢威を使うためには、やはり最低限のHTMLやCSSの知識が必要となります。 今回のランキングは初心者の方にも使いやすいのかというテーマなので、 どうしてもこの順位になってしまいます。でも、賢威は良いツールですよ。

バナープラスの基本的な使い方2回目 画像設定編

今日はバナープラスの使い方の2回目です。

2回目の今日はステップ2の画像設定編です。

バナープラスは主にあらかじめ登録された画像を使って、

バナーやヘッダー画像を作って行きます。

それでは基本的な使い方です。


banagazou1

今日はステップ2のメニューを使っていきます。


banagazou2

使えるメニューは画像挿入、サイズ、フィット、配置、

回転・反転、マスク、装飾、影、レタッチです。

読み込む画像は右側の収録素材の中から選んで使います。


banagazou3

ここでは画像はジャンルで分けられています。


banagazou4

このクリップアート画像というのが、

良く使う画像です。

この画像は1,027枚あります。


banagazou5

次にインパクト画像です。

これも1,771枚あります。

ただし、この画像は色違いが多くあります。


banagazou6

次にボタン画像です。

クリックなどの画像です。

これも1,359枚ありますが、

先ほどと同じで色違いが多くあります。


banagazou7

最後に背景画像です。

これは画像数243枚です。

それでは実際に画像を挿入してみましょう。


banagazou8

先ほどのクリップアート画像に戻ります。

ここで挿入する画像にマウスを合わせます。


banagazou9

するとこのようにその画像が拡大されます。


banagazou10

画像の挿入は簡単でマウスでドラッグするだけで挿入できます。


banagazou11

画像を挿入すると赤で囲ったメニューがアクティブになり使えるようになります。


メニューを説明すると、

画像挿入は自分のパソコンの中の画像を挿入するときに使います。

サイズは挿入した画像の拡大・縮小をすることができます。

でも、マウスのドラッグで拡大・縮小できるので、

これを使う事は少ないと思います。


次にフィットですが、これはキャンバスサイズに画像を自動で合わせてくれます。

ワンタッチで出来るので、背景を設定するときには、

便利な機能だと思います。

それではフィットを実際に使ってみましょう。


banagazou12

まず幅をクリックすると、

キャンバスの幅いっぱいに画像が表示されます。


banagazou13

高さをクリックすると、

キャンバスの高さいっぱいに画像が表示されます。


次に配置ですがこれは挿入した画像の位置を合わせてくれます。

配置方法は上、下、右、左、中央寄せとあります。


banagazou14

今回は左寄せを使ってみます。

すると画像が左寄せになりました。


次に回転・反転です。

これは画像の向きを変えることができます。

回転は180度と右左それぞれ90度の設定ができます。

反転は左右反転と上下反転があります。


banagazou15

ここでは右90度回転を使ってみます。

すると画像が右90度に回転されました。


次はマスクですが登録されたパターンで、

マスクをかけることができます。


banagazou16

赤で囲ったマスクをクリックすると、


banagazou17

あらかじめ登録されたマスクパターンが表示されます。

これもボタン一つなので簡単に効果のあるマスクが適用できます。

今回は上から2番目を適用させてみましょう。


banagazou18

すると画像にマスクパターンが適用されました。

次に装飾ですが、これは画像の上に装飾する機能です。

私はあまり使いませんが、一応説明だけしておきます。

装飾をクリックします。


banagazou19

これもマスクと同じで、

あらかじめ登録されたパターンが表示されます。

今回は一番上のパターンを選んでみます。


banagazou20

ちょっと分かり辛いですが、

画像の上にパターンが装飾されています。

次に影です。

これは画像に影をつける機能です。

影をONにします。


banagazou21

ONにすると詳細設定が出来るようになります。

詳細設定をクリックすると、

影の設定メニューが表示されます。


banagazou22

今回は分かりやすく色を黄色にしてみます。

すると影をつけた部分が黄色になりました。


次はレタッチです。

これは画像の透明度、ぼかし、彩度を設定するメニューです。


banagazou23

透明度は100~0の間、

ぼかしは0~100の間、

彩度は200~0まで設定できます。


透明度は100が一番濃く数字が下がっていくにつれ、

画像は薄くなっていきます。

ぼかしは0が標準で数字が上がっていくほど、

画像はぼけていきます。

彩度は100が標準で数字が上がっていくほど、

色味が濃くなっていき、数字が下がっていくほど、

色味が薄くなっていきます。


それでは実際に適用してみましょう。

それでは透明度を50にしてみます。


banagazou24

画像が薄くなりました。

今度はぼかしを50にしてみましょう。


banagazou25

かなりぼけた画像になりました。

彩度も変えてみましょう。

このままの画像では分かり辛いので画像を変えてやってみます。


banagazou26

これが彩度100の標準です。

これを彩度200にしてみます。


banagazou27

青色の部分の色味が濃くなりました。

今度は彩度を0にしてみます。


banagazou28

青色の部分の色味が薄くなりグレーになりました。


これらの機能を組み合わせると、

簡単に綺麗なバナーやヘッダー画像を作ることが出来ます。

これをドローソフトで作ろうと思うと、

バナープラスほど簡単には作れないでしょう。


最後に画像挿入ですが、

これは自分のパソコンの画像を挿入するときに使う機能です。


banagazou29

画像挿入をクリックすると、

画像挿入の画面が開きます。

ここでは私があらかじめ作っておいた、

バラのPNG画像を開いてみます。

画像を選んで開くをクリックします。


banagazou30

このように挿入することができました。


バナープラスの欠点は、自分で図形が作れない事と、

画像素材がないことです。

それでは、ないならどうすれば良いのか?




答えは簡単です。

自分で作ればいいのです。

先ほど挿入したバラのPNG画像は、

私がバナープラスでも使えるように作ったものです。


これを使えば画像素材がなくて大丈夫です。

でも、作れる人ばかりじゃないですよね。

そこで私のサイト経由でバナープラスを購入して下さった方には、

風景の画像と矢印や四角などの図形素材、

さきほどのバラの画像のようなPNG画像を、

購入者様特典としてプレゼントいたします。

明日はステップ3の文字設定についてです。


私が実際に購入して使ってみたバナープラスのレビュー記事は、

下のボタンをクリックすると確認できますよ。

banarebyu


このボタンもバナープラスで、サクッと作りました。


ブログランキングに参加しています。

このブログの気になるランキングは下のバナーをクリックすると確認できますよ。

結構いいところにいます。

宜しければ応援お願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村

Googleアドセンスで

月に3万円稼げるようになりました。

Googleアドセンスで

月に3万円稼いだ方法は

下のバナーをクリックして読んで下さい。




コメントを残す

CAPTCHA


にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村

このページの先頭へ