初心者にも使いやすいツールランキング
1位 第一位はバナープラスです。 なんといっても使いやすい。難しい操作は一切なし。 あらかじめ用意されたパーツを組み合わせるだけなので、 初心者の方でも簡単にそして綺麗にバナーやヘッダー画像が作れます。 これを持っておくとオリジナルのものが作れるのでサイト作成の幅が広がりますよ。 ちなみにこのサイトのバナーは全てバナープラスで作っています。
2位 第二位はシリウスです。 シリウスには初心者の方でも簡単に使えるように初心者モードというものがあります。 それにHTMLやCSSの知識がなくても誰にでも簡単に綺麗なHTMLサイトが作れます。 SIRIUS上位版を購入すればスマホサイトも自動で作ってくれます。 手軽さ使い勝手を考えるとバランスの良いツールだと言えます。
3位 第三位は賢威です。 賢威はSEOマニュアルが付いていたり、上位表示されやすいというメリットがあります。 でも、初心者の方が簡単に使えるのかというと、そうではありません。 賢威を使うためには、やはり最低限のHTMLやCSSの知識が必要となります。 今回のランキングは初心者の方にも使いやすいのかというテーマなので、 どうしてもこの順位になってしまいます。でも、賢威は良いツールですよ。

メルぞうに掲載する画像の作り方

今日はメルぞうに掲載する際に使用する、

画像ファイルの作り方を説明します。

メルぞうを見てもらうと分かる通り、

最近は3Dの表紙画像を使ったものが主流となっています。



でも、これは画像サイズが小さいので、

かえって3Dにしてしまうと見づらくなってしまいます。

私はメルぞうに掲載する場合は、

3Dよりも見やすい普通の画像を使っています。



そこで今日は私がいつもメルぞうに掲載する際に使っている、

画像ファイルの作り方をご紹介します。

これはワードとペイントがあれば簡単にできますので、

是非あなたもチャレンジしてみて下さいね。



それでは実際に作って行きましょう。

まずはワードを立ち上げ、作っておいた無料レポートを開きます。

wdh1

レポートを開いたら、右のスライダーバーを使い、

表紙までスクロールします。

wdh2a

表紙全体が表示出来ていないので、

右下にあるスライダーバーで表示サイズを調整します。

この時表紙全体が表示されるようにして下さい。



wdh3

表示されたら、このままではレポートのタイトルが小さいので、

赤で囲った部分を選択し、ドラッグしながら文字の描画範囲を広げます。

wdh4a

次に赤で囲った文字を選択し、次に左上の文字のサイズを選択します。

wdh5

選択するとプルダウンメニューがでてきますので、

ここで72を選びます。

wdh6

すると文字が大きくなり見やすくなりました。

次にSnipping Toolを使って表紙の画像部分だけを切り抜きます。

wdh7

これで画像の準備はできました。

でも、このままではサイズが大きすぎるので、

メルぞうの申請には使用できません。



そこでペイントを使って画像のサイズを調整します。

今度はペイントを立ち上げます。

wdh8

ファイルをクリックし先ほど切り取った画像を開きます。

wdh9

次にサイズ変更をクリックします。

wdh10

するとプルダウンメニューが表示されますので、

ここでピクセルを選び200と入力します。

これはメルぞうの申請サイズが横200PXだからです。

wdh11

縦横比を維持するにチェックを入れておけば、

縦は自動で入力されます。

wdh12

メルぞうの申請サイズは縦260PXです。

今回は235PXしかありませんが260PX以内なので問題ありません。

最後にファイルで保存すれば出来上がりです。



ここで注意することは、メルぞうに申請できるファイル形式はgifだけですので、

gif形式で保存するようにして下さい。

これでメルぞうに掲載する画像の作り方は終了です。


Googleアドセンスで

月に3万円稼げるようになりました。

Googleアドセンスで

月に3万円稼いだ方法は

下のバナーをクリックして読んで下さい。




コメントを残す

CAPTCHA


にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村

このページの先頭へ