2ティアとは

情報商材ASPには2ティアという制度があります。

2ティアとは親と子の関係に例えられます。

例えば私が、情報商材ASPのA社を紹介していたとします。



あなたは、私の説明を見てA社にアフィリエイター(紹介者)登録をしました。

そうしてあなたはアフィリエイター(紹介者)活動をして、

報酬を得ました。



あなたにはA社から報酬が支払われます。

通常はこういう流れですが、2ティア登録をされていると、

あなたにA社を紹介した私にも報酬が支払われるのです。



どういうことかというと、あなたは私の紹介リンクから登録しましたので、

先ほどの関係でいうと、あなたは私の子にあたるのです。

そうしてあなたに報酬が発生すると、親の私にも報酬が支払われるという事です。



ここで多くの初心者の方が誤解されるのが、

2ティアになると自分の報酬が減るのではないかという事です。



あなたの報酬から私に支払われる報酬が差し引かれると思っているのです。

でも、安心して下さい。



2ティア登録をしても、普通にASPに直接登録しても、

あなたに支払われる報酬は変わりません。



2ティアだろうが直接登録であろうが、

あなたに入ってくる報酬は変わらないのです。



ASPにとっては直接登録の方が利益率は高いです。

直接登録であれば私に報酬を払わなくて済みますからね。



それではなぜASPは利益率を悪くする2ティア制度を取り入れているのか?

それはASPだけで登録を紹介するよりも、

アフィリエイター(紹介者)に協力してもらった方が、

より多く登録してもらえるからです。



たとえ利益率を下げても、多く登録してもらった方が、

最終的には良いからです。



アフィリエイター(紹介者)も自分から登録してもらって、

その人が報酬が上がったら自分にも報酬が入るので、

多く紹介しようとします。



ここまでは2ティアに関するASPとアフィリエイター(紹介者)のメリットを

紹介しました。



それでは登録する肝心のあなたはどちらが得なのか?



報酬だけを見ると、先ほども書いた通り直接登録だろうが、

2ティア登録だろうが変わりません。



実は2ティアには報酬の他にも隠れた特典が存在するのです。



特に初心者の方は、ここに気づかずに人間の心理だけで、

直接登録をする人が多いのです。



人間は、他人が儲かるのが許せないという心理があります。

この心理が働くので、初心者の方は2ティアではなく

直接登録を選んでしまいます。



ASPは一度登録すると後では2ティアにはなれません。



一度ASPを解約して、ある程度の期間をあければ、

2ティア登録することは可能ですが、IDとかが変更になりますので、

大変面倒な事になってしまうのです。



なので、初心者の方は最初から2ティア登録をするべきなのです。



それでは2ティア登録をすると、あなたにはどのような利点があるのでしょうか?

それは2ティアを紹介しているアフィリエイター(紹介者)からのサポートを

受けることが出来るという事です。



先ほども書きましたが、2ティアを紹介している、

アフィリエイター(紹介者)は自分から登録してもらうと、

なにもしなくても報酬が入るので、サポートをする場合が多いのです。



もちろん私もサポートをやっています。

このアフィリエイター(紹介者)のサポートは、

初心者にとっては非常にありがたいものなのです。



アフィリエイター(紹介者)はあなたよりも経験が豊富なので、

あなたが分からない事や躓いた問題を知っている可能性があります。



ネットビジネスは、ほとんど一人でする作業になります。

初心者の頃は誰かに相談することも出来ません。



でも、ASPに登録するときに、この2ティアで登録しておけば、

アフィリエイター(紹介者)のサポートを受けることが出来ます。



これは本当に初心者のあなたにとっては、大きなことだと思います。

ネットビジネスの右も左も分からない初心者の時にはこれは大きいですね。

このサポートの違いで挫折をしなくても済むのです。



分からないときや心が折れそうな時は、そのアフィリエイター(紹介者)に

相談すればいいのです。



もしあなたが直接登録をしてしまったのならば、

残念ですがアフィリエイター(紹介者)のサポートを受けることはできません。

誰もがみんな、自分の得にもならない事はやりません。



みんなボランティアじゃないのです。

なので初心者の方は報酬は変わらないので、

2ティア登録おすることをお勧めします。



ここまではネットビジネスに関する事を紹介しましたが、

次からはいよいよアフィリエイトの説明に入っていきます。

まずは始める


このページの先頭へ