初心者にも使いやすいツールランキング
1位 第一位はバナープラスです。 なんといっても使いやすい。難しい操作は一切なし。 あらかじめ用意されたパーツを組み合わせるだけなので、 初心者の方でも簡単にそして綺麗にバナーやヘッダー画像が作れます。 これを持っておくとオリジナルのものが作れるのでサイト作成の幅が広がりますよ。 ちなみにこのサイトのバナーは全てバナープラスで作っています。
2位 第二位はシリウスです。 シリウスには初心者の方でも簡単に使えるように初心者モードというものがあります。 それにHTMLやCSSの知識がなくても誰にでも簡単に綺麗なHTMLサイトが作れます。 SIRIUS上位版を購入すればスマホサイトも自動で作ってくれます。 手軽さ使い勝手を考えるとバランスの良いツールだと言えます。
3位 第三位は賢威です。 賢威はSEOマニュアルが付いていたり、上位表示されやすいというメリットがあります。 でも、初心者の方が簡単に使えるのかというと、そうではありません。 賢威を使うためには、やはり最低限のHTMLやCSSの知識が必要となります。 今回のランキングは初心者の方にも使いやすいのかというテーマなので、 どうしてもこの順位になってしまいます。でも、賢威は良いツールですよ。

googleアドセンスで広告クローラのエラーが発生した時の対処法



先日、グーグルアドセンスのアカウントに

アクセスしてみると、

このような表示がでていました。


よく見てみると、

広告クローラーのエラーが生じており、

収益の損失が発生する可能性があります。

と書かれていました。


グーグルアドセンスは3年ほど使っていますが、

今までこのような表示は見た事がありません。


でも、サイトを見てみたら、

アドセンスの広告は表示されています。

それに収益もいつも通り上がっています。


損失の可能性と書かれていたので、

大丈夫かなとも思ったのですが、

やはりアドセンスでエラー表示があるのは、

いい気持ちはしません。


それに損失が出たら、

何のためにブログを

運営しているのかも分かりません。


そこで対処してみることにしました。

でも、ネットで

アドセンス 広告クローラー エラー 対処

で検索してみましたが、

答えはでてきませんでした。

なので自力でやるしかありません。


色々と試した結果、

Googleアドセンスの広告クローラのエラーは

表示が消え対処できたので、

今日はその対処法を紹介したいと思います。

グーグルアドセンスの広告エラーの対処法 アドセンスでやること

まずはアドセンスのアカウントで

広告クローラのエラー内容を確認します。


アドセンスの右にある操作をクリックします。


すると広告がブロックされている

ドメイン名が表示されます。

ドメイン名の横にある+をクリックします。


するとこのようにエラーが起こっている

URLが表示されます。


今回のエラーは

ページがみつかりません。

というエラーでした。


ページが見つかりませんということは、

404エラーと言う事になります。


今回広告クローラのエラーが

発生しているサイトは、

ワードプレスで作ったサイトです。


ワードプレスは動的に

ページを生成していきますので、

このような事が起こります。


それにプラグインのAMPを入れたのも、

404エラーを起こした原因です。

AMPを使ったらリンク切れが起こるようです。


このページではエラーを起こしたURLを

ダウンロードする事ができます。


そこでダウンロードをクリックし

リンク切れを起こしているURLを

ダウンロードします。

ブラウサーでリンク切れのページを確認する

ダウンロードすると

Blocked urls Report.csv.txtという

ファイルがダウンロードされます。


こんな感じでリンク切れを起こしている

URLが表示されます。

今回は同じページが重複していました。


重複したページを省くために、

ブラウザーで確認します。


ブラウザーの赤で囲った部分に

ダウンロードしたURLをコピーします。


するとページタイトルと

ページがありませんと表示されます。

ここで同じページタイトルを省いていきます。


今回は46個のエラーになっていましたが、

実際には10ページでした。

グーグルのサーチコンソールでURLの削除依頼をする

リンク切れを起こしている

URLが分かったら、

グーグルのサーチコンソールで削除していきます。


グーグルサーチコンソールにログインすると、

このようなメニューが表示されます。


Googleインデックスをクリックします。


この中にURLの削除がありますので、

URLの削除をクリックします。


一時的に非表示にする

というボタンがありますので

そのボタンをクリックします。


するとサイトのURLを入力する欄が

でてきます。


ここで先ほどのリストからURLをコピーし

その欄にはりつけ続行をクリックします。


そしてリンク切れを

起こしているURLを

同じ手順で登録して行きます。


終ったらこんな感じ。

削除依頼をだしたURLは

ステータスが保留になります。


これでリンク切れの

URLの削除依頼ができました。

あとはグーグルが削除してくれるのを待つだけです。

リンク切れのURLの削除が完了すると

URLの削除依頼をだし

数日待ってから

グーグルサーチコンソールを見てみると、


ステータスが削除されましたに変わります。


これでグーグルから

リンク切れのURLが削除されました。


アドセンスのアカウントに

アクセスしてみると、

このようにエラーは消えていました。


これでグーグルアドセンスの

広告クローラのエラーの対処が出来ました。

終わりに

今日は先日アドセンスで起こっていた、

広告クローラのエラーの対処法を紹介しました。


アドセンスの広告クローラのエラーの対処法を

ネットでググってみましたが、

答えに行き着きませんでした。


なので今回は色々と試し、

自力で解決する事ができました。


グーグルアドセンスで

広告クローラのエラーが出た場合は、

このようにすれば

対処する事が出来ますよ。


ブログランキングに参加しています。

このブログの気になるランキングは下のバナーをクリックすると確認できますよ。

結構いいところにいます。

宜しければ応援お願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村

Googleアドセンスで

月に3万円稼げるようになりました。

Googleアドセンスで

月に3万円稼いだ方法は

下のバナーをクリックして読んで下さい。



2 Responses to “googleアドセンスで広告クローラのエラーが発生した時の対処法”

  1. rinnko3 より:

    始めまして
    まさに今朝、このクローラエラーが表示され、その後色々検索し対応探すもなかなか思うような物が見つからず、半ば諦めてかけていた時にこちらにたどり着きました。
    私のエラーは、URL の問題: ページが見つからない と ホスティングの問題: サーバーエラー の2つでした。 
    ファイルをダウンロードし確認後、グーグルサーチコンソールにそのURLを登録しましたが、果たしてどうなるか。本当にドキドキです。
    でも、本当にありがたかったです。とっても分りやすくて落ち着いて対応出来ましたから。これで上手く行くと良いのですが。

    • 智直 より:

      こんばんは、智直です。
      アドセンスのエラーってドキッとしますよね。

      私もこのエラーが出たときは、
      ビックリしました。

      そしておっしゃられているように
      ネットにはこのエラーの情報は出ていません。

      何とか試行錯誤を繰り返し、
      ようやくエラーを解除できました。

      このエラーの情報はなかったので、
      私と同じことで悩んでいる方のために
      私が行った解除法を紹介しました。

      私のエラーはこの方法で解除できましたので、
      多分出来ると思います。
      エラーが解除出来るといいですね。

      コメントありがとうございました。
      今後とも宜しくお願いいたします。

      智直

コメントを残す

CAPTCHA


にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村

このページの先頭へ